高浜虚子選句稿(昭和32年)

 選句稿に添付されている手紙に次の通り。 昭和32年11月20日(水)鎌倉扇ヶ谷英勝寺に於ける、大崎会での高浜虚子先生の直筆の、ご選句稿を、記念のため謹呈します。当日・快晴・風のある薄寒い日、紅葉ほつほつ冬枯れはじめた境内、落葉さんさん、久しぶりに痛快く出席する。当日の出席者、左の通り。順不同。  虚子先生、柏崎夢香、三溝沙美、義実ソウ宇、翁長ひねもす、小田きすず、山本薊花、山本岳南、金子恭子、島田みつ子、広瀬初子、前沢落葉女、中川きみ子、南るい女、田辺ひで女、林蓼雨、大橋そま男、渡辺野竹、真下喜太郎、浜田波牛、岩城成禎尼    浜田波牛 様                                           山本薊花  昭和45年7月13日   
販売価格 100,000円(内税)
購入数


Top